美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨 | NewsCafe

美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨

北朝鮮の金正恩党委員長が今年に入って三度も訪中したことで、中国との関係は大幅に改善され、同時に北朝鮮最大のアキレス腱である外貨不足解消の道筋も見えてきた。 これが実は子供に対する労働搾取という副作用を生んでいる。中国企業との取引が増えるに従い、北朝鮮の外…

社会 まいじつ/international
美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨

北朝鮮の金正恩党委員長が今年に入って三度も訪中したことで、中国との関係は大幅に改善され、同時に北朝鮮最大のアキレス腱である外貨不足解消の道筋も見えてきた。


【関連】うっかり金正恩のクルマを「追い越して」しまった北朝鮮国民の末路 ほか

これが実は子供に対する労働搾取という副作用を生んでいる。中国企業との取引が増えるに従い、北朝鮮の外貨稼ぎ会社が10代の子供たちを低賃金で酷使しているためだ。


「中国企業からの発注増分野は衣類や造花、カツラやツケマツゲなど美容関連商品の委託加工です。これらの原料供給は、中朝国境の丹東です。造花や美容関連商品の材料は10代の学生たちを労働力としているため、小中学校が密集する地域に運ばれます。暗い部屋で夜通しツケマツゲなどを作り、視力と健康を害するのを見ながらも親はどうすることもできないのが現状です」(北朝鮮ウオッチャー)


北朝鮮の労働法では16歳未満の労働は禁じられている。にもかかわらず、小中学生が労働動員されるのは、マルクス・レーニン主義下の計画経済が破綻し、闇市場を中心とした暗黒資本主義化が進む中、都市と地方間の格差、所得格差の拡大が進行しているからだ。中でも貧困層の若い女性たちの窮状は甚だしく、売春に走ったり薬物に手を出し身を亡ぼしていく。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top