「打席が唯一自由な時間」 独立L出身のロッテ3年目外野手が目指す1軍昇格 4ページ目 | NewsCafe

「打席が唯一自由な時間」 独立L出身のロッテ3年目外野手が目指す1軍昇格

スポーツ フルカウント
ロッテ・大木貴将【写真:佐藤直子】
 不慣れな外野守備でも、すぐに生かせたのが自慢の足だ。「小中高から速かった」という快足は、守備でも攻撃でも生かすことができる。事実、1軍昇格へのカギは「足」が握っていると考えている。

「1軍昇格のきっかけという意味では、代走や守備固めとか足を生かしたところから入っていくのが一番いいんじゃないかと思うんです。せっかく足があるので、それを生かした方がいいかなと。ただ、いざ試合に出してみようとなった時に、やっぱり打てないと残れない。だから、しっかり打てるようにしておきたいんです」

 俊足の左打者。足を生かすためにも、大村巌2軍打撃コーチからアドバイスを受けたのは「レフト方向に低く強い打球を打つこと」だった。「逆方向にライナーを打っても、外野手の手前に落ちるような高さ」を意識しながら、内角球は引きつけ、外角球は球筋に逆らわずに打ち返す練習を重ねた。そして、今季取り組むのは「インコースの球をどうに捌くか」だ。
《Full-count》

特集

page top