「打席が唯一自由な時間」 独立L出身のロッテ3年目外野手が目指す1軍昇格 2ページ目 | NewsCafe

「打席が唯一自由な時間」 独立L出身のロッテ3年目外野手が目指す1軍昇格

スポーツ フルカウント
ロッテ・大木貴将【写真:佐藤直子】
 千葉の強豪・拓大紅陵から日大野球部へ進むが、2年で中退。「どういう形でもいいから野球を続けよう」と独立リーグのトライアウトを受け、2013年から四国IL・香川でプレーした。元広島の西田真二監督の下、3シーズンを戦い、首位打者と盗塁王に輝いた2015年、ロッテから育成ドラフト1位で指名。プロの1歩を踏み出した。

 独立リーグでは、シーズンを通して戦うことの難しさと、毎日同じことを繰り返すルーティンの大切さを学んだという。

「高校とかトーナメントは1試合でどうやって結果を出すか。でも、独立リーグは試合数こと少ないですけど、シーズンを通じて戦います。1シーズンやっていれば、夏場にバテたり、状態が悪い時は必ずやってくる。その波をいかに少なくするかが大事だって教わりました。

 それには、状態が落ちた時に何をするかというより、量は多くても少なくても、毎日同じことをしっかりできるか。悪くなった時って変に、ここを変えよう、あそこを変えようってなって、余計に悪くなってしまうこともある。だから、どんなことがあっても、ある程度同じことをやるようにしています。そうすると、やらなかったらやらなかったで気になって、どんどんルーティンが増えていくんですけど(笑)」
《Full-count》

特集

page top