【MLB】打球速度196キロ スタントン“驚弾”に解説が言葉にならぬ絶叫「おぉぉぉぉ」 | NewsCafe

【MLB】打球速度196キロ スタントン“驚弾”に解説が言葉にならぬ絶叫「おぉぉぉぉ」

■地元テレビ局の実況席は大興奮「彼はボールを凹ませている」 ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が9日(日本時間10日)の本拠地レンジャーズ戦で、打球速度196キロという“史上最速アーチ”をかけた。開いた口が塞がらない驚愕の一発に、地元テレビ局で解説を…

スポーツ フルカウント
レンジャーズ戦で衝撃の本塁打を放ったヤンキース・スタントン【写真:Getty Images】
■地元テレビ局の実況席は大興奮「彼はボールを凹ませている」

 ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が9日(日本時間10日)の本拠地レンジャーズ戦で、打球速度196キロという“史上最速アーチ”をかけた。開いた口が塞がらない驚愕の一発に、地元テレビ局で解説を務める通算246発の元外野手は「おぉぉぉぉ」と絶叫するしかなかった。

 衝撃的な一撃は、2点リードの5回1死走者なしの場面で生まれた。右腕フラドが内角へ投じた91.1マイル(約146.6キロ)をフルスイング。すると、打球角度17度と低い弾道で飛び出したライナー性の打球は一直線で左中間席へ突き刺さった。3試合連続弾となる28号ソロは飛距離449フィート(約136.8メートル)の特大アーチとなった。

 注目は、121.7マイル(約195.9キロ)の打球速度だ。自身と同僚のゲーリー・サンチェスが記録していた今季最速121.1マイル(約194.9キロ)を0.6マイル(約1キロ)上回ってトップに。マーリンズ時代の昨季に122.2マイル(約196.7キロ)の単打をマークしたスタントンだが、スタットキャストが導入された2015年以降の本塁打では史上最速となった。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top