【MLB】これこそが“無回転”! ブルワーズ「捕手」の魔球ナックル映像が凄い | NewsCafe

【MLB】これこそが“無回転”! ブルワーズ「捕手」の魔球ナックル映像が凄い

■今季2度目の登板となったブルワーズのエリック・クラッツ捕手 現代の野球で魔球と言われる「ナックルボール」。極限まで回転数を抑え、空気抵抗によって不規則な変化が起きる変化球で、投げた投手もどこに行くか分からないと言われる、まさに“魔球”である。 野球界広…

スポーツ フルカウント
魔球ナックルを操るブルワーズの捕手エリック・クラッツ【写真:Getty Images】
■今季2度目の登板となったブルワーズのエリック・クラッツ捕手

 現代の野球で魔球と言われる「ナックルボール」。極限まで回転数を抑え、空気抵抗によって不規則な変化が起きる変化球で、投げた投手もどこに行くか分からないと言われる、まさに“魔球”である。

 野球界広しと言えども、なかなかナックルボールピッチャーをお目にかかる機会は多くない。そんな中で米MLBにはナックルボールを操る投手…ではなく、捕手がいる。それがブルワーズのエリック・クラッツ捕手だ。

 メジャーリーグでは試合終盤に大差がつくと、リリーフを温存するために野手が登板することは珍しくない。クラッツもそうした状況でマウンドに上がる1人。22日(23日)に本拠地で行われたドジャース戦も2-11と9点ビハインドとなったため、9回にクラッツが登板。これが今季2度目の登板となった。

 クラッツは先頭のフォーサイトには安打を許したが、続くバーンズを見逃し三振、さらにファーガソンは投ゴロ併殺打に斬って取り無失点で1イニングを抑えた。この時バーンズに投じた3球目は見事な“無回転”のナックル。このボールをMLB公式ツイッターがスロー映像で紹介し、注目を集めている。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top