テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果 | NewsCafe

テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果

スポーツ まいじつ/sports
テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果

テニスのウィンブルドン選手権最終日が7月15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第12シードのノバク・ジョコビッチが第8シードのケビン・アンダーソンを破り、3年ぶり4度目の優勝を飾った。4大大会の優勝は2016年全仏オープンテニス以来だ。


【関連】錦織圭「CM剥奪の危機」全仏オープンに望みをかける ほか

「ジョコビッチは2012年からユニクロのウエアをまとい、約5年間で4大大会7度の優勝を飾りました。一方、スイス放送協会のウェブサイト部門『スイスインフォ』によれば、スイス出身のロジャー・フェデラーのスポンサーが『ナイキ』から日本の『ユニクロ』に変わりました。ちょうどジョコビッチからフェデラーに交代した格好です。フェデラーは20年以上、ナイキのアスリートとして同社のシューズとウェアを着用し、その間、男子シングルスのグランドスラム通算20勝という記録も打ち立てました。ユニクロとは3億ドル相当の大型契約だといいいます。フェデラーがテニス大会でこれまでに獲得している賞金は約1億1600万ドル、新契約はフェデラーが現在テニスで得ている収入の2倍以上です」(専門誌ライター)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top