初優勝・御嶽海がド緊張の優勝インタビュー「帰ったら記憶がないと思います」/全文 | NewsCafe

初優勝・御嶽海がド緊張の優勝インタビュー「帰ったら記憶がないと思います」/全文

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ

初優勝・御嶽海がド緊張の優勝インタビュー「帰ったら記憶がないと思います」/全文

<大相撲名古屋場所>◇千秋楽◇22日◇ドルフィンズアリーナ

 13勝2敗で初の優勝を果たした関脇・御嶽海(出羽海)が、恒例の優勝力士インタビューで「めちゃくちゃ最高なんですけど、こんな大人数のところでしゃべったことないんで、ちょっと…帰ってから記憶がないと思います」と、笑顔ながらも緊張しながら喜びを語った。先場所9勝だった御嶽海は、2場所で合計22勝。大関昇進の目安となる「三役以上で3場所合計33勝以上」に対して、来場所は11勝以上が大関取りのラインとなる。インタビューの全文は以下のとおり。

-おめでとうございます

ありがとうございます!


-初めて賜杯を胸に抱きました。また大歓声を受けました。どんな気持ちですか。

いやあ、めちゃくちゃ重かったです。こんなに声援を受けると思っていなかったんで、めちゃくちゃうれしいです。


-賜杯の重みは想像以上でしたか?

そうですね。稽古不足ですね(笑)


-今日は惜しくも敗れましたが大熱戦でした。大いに観客を沸かせました。どうしてしたか。

最後、勝って終わりたかったんですけども、まだまだ力不足で、最後の最後押し出すことができなかったので、また稽古し直しかなと思います。


-今年の名古屋場所、どんな15日間でしたか。

暑かったです。


-それだけじゃないでしょう。

いやあ、なかなかできる経験じゃないので、なんというんですかね、ありがとうございます。


-優勝争いの先頭に立って、その重圧を感じ始めたのはどのあたりでしたか。

十日目過ぎたぐらいから、2ケタ(勝利)も取ったので、そこからちょっと意識はしましたね。


-その重圧にはどうやって向き合っていきましたか。

なかなかできる経験じゃないから楽しもうと思っていました。


-十四日目に優勝を決めて1日経ちました。改めて今の思いを教えてください。

早かったようで、なんか長いような、充実した場所だったなと思います。


-出羽海部屋力士としては38年ぶり、長野県出身としては初めてということになります。

うれしいですね。出羽海部屋を盛り上げるために入って、4年でここまで来られたというのは、すごいうれしいですし、長野県でも盛り上がっているのかなと思います。


-昨日は、長野で号外が出たという風に聞いています。

そうですね。見てないんでまだわからないですけど、号外これからも出るように、頑張って相撲を取っていきたいと思います。


-初めての幕内最高優勝のインタビュー、どうですか。

めちゃくちゃ最高なんですけど、こんな大人数のところでしゃべったことないんで、ちょっと…帰ってから記憶がないと思います。


-来場所、また大事な場所になると思います。

終わったばかりなので、まだ来場所のことは考えずに、しっかり稽古を積んで、その上を目指して稽古に励んでいきたいと思います。ありがとうございました!

(C)AbemaTV

▶7/22(日)15:30~ 大相撲LIVE 名古屋場所 千秋楽 幕内前半


▶7/22(日)16:50~ 大相撲LIVE 名古屋場所 千秋楽 幕内後半


《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top