“安打製造機”福浦和也が7月に猛チャージ 射程内に入った今季2000安打達成 | NewsCafe

“安打製造機”福浦和也が7月に猛チャージ 射程内に入った今季2000安打達成

■スロースタートで今季到達は危ぶまれたが… 打者にとっての大きな勲章となる「2000本安打」。今年は5月9日にソフトバンクの内川聖一が達成しているが、今季中に達成の可能性があるのは、7月21日終了時点で残り16本に迫ったロッテの福浦和也だけになっている。 福浦は千…

スポーツ フルカウント
ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】
■スロースタートで今季到達は危ぶまれたが…

 打者にとっての大きな勲章となる「2000本安打」。今年は5月9日にソフトバンクの内川聖一が達成しているが、今季中に達成の可能性があるのは、7月21日終了時点で残り16本に迫ったロッテの福浦和也だけになっている。

 福浦は千葉県習志野市生まれ。習志野高校を経て、1993年ドラフト7位でロッテに入団。入団から3年間はファーム暮らしだったが、97年に1軍に昇格すると、2年目には打率.284(12位)と好成績を上げ、正一塁手になった。

 シュアな打撃で2001年には首位打者となり「千葉の安打製造機」の異名を執る。また巧みなグラブさばきでゴールデングラブ賞を3回受賞。一塁守備の名手としても知られた。

 千葉出身で千葉の球団一筋25年、最高のフランチャイズプレーヤーと言われる。

 しかし、2009年を最後に規定打席には到達せず。近年は控えに甘んじ、安打数も2016年は20本、2017年は30本と低迷。昨シーズン終了時点で2000本安打まで、あと38安打となっていた。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top