運命の出会いの瞬間…シャーリーズ・セロン主演『タリーと私の秘密の時間』場面写真解禁 | NewsCafe

運命の出会いの瞬間…シャーリーズ・セロン主演『タリーと私の秘密の時間』場面写真解禁

芸能 AbemaTIMES/ドラマ・映画

運命の出会いの瞬間…シャーリーズ・セロン主演『タリーと私の秘密の時間』場面写真解禁

 8月17日(金)より公開される、『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組む最新作『タリーと私の秘密の時間』より、場面写真が解禁された。


 本作は、仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた”人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆を描く。タリーとの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロ役は、オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるシャーリーズ・セロン。映画『モンスター』(03)で約13キロの増量で話題となった彼女が美貌を再び封印!?し、今度は体重を18キロ増やしてマーロを熱く演じ、頑張りすぎる女性たちの魂の声を届ける。また、『ブレードランナー 2049』に娼婦のマリエッタ役で出演し、「ターミネーター」シリーズ最新作のヒロインにも選ばれたマッケンジー・デイヴィスが、タメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧、マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれるが、何があっても夜明け前に姿を消し、自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きスーパーベビーシッター・タリー役でフレッシュな魅力を放つ。


お疲れママの元に現れた救世主はヘソ出しタンクトップのイマドキ女子なベビーシッター!?運命の出会いの瞬間 場面写真


 この度解禁された場面写真は、タリーのヘソ出しのショートタンク姿を見て戸惑うマーロの姿、手際よく子守道具を確認するタリーの姿、澄んだ青い目が特徴的なタリーがマーロに「私を頼って。あなたも同じよ」と子守だけでなく、マーロにも自分に頼って欲しいと優しい言葉をかける姿と、「2階で休んで、おやすみ」とタリーがマーロに語りかける姿と、タリーに頼りたくなるような不思議な魅力が詰まったものばかり。

 本作のアイディアが生まれたのは、プロデューサーで脚本家のディアブロ・コディが3人目の子供を出産してすぐあとのことだった。すでに2人の幼い子供に時間とエネルギーを費やしていたコディは、自分に赤ちゃんのために必要な体力がないことをはっきりと自覚していた。そのため彼女は、夜の10時から翌朝までの夜間ベビーシッターを雇った。コディはベビーシッターを「救世主のように思えたわ」と語る。その経験から生まれた本作は、彼女が脚本家として守っている「今まで一度も見たことがない女性の役を書く」という基準に合致している。またコディは「分娩後の気持ちの落ち込みを描いた映画は、観たことがなかったわ」と語っている。『JUNO/ジュノ』では十代の妊娠、『ヤング≒アダルト』では大人になりきれないダメヒロインと、現実には多くいるのに、誰も描いてこなかった女性像を描いてきたコディ。本作では自身の経験から今まで描かれることがなかった、育児に疲れたママのリアルな現実を描いた誰もが共感できる内容となっている。


■『タリーと私の秘密の時間』ストーリー

 仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた人に頼れないマーロ(シャーリーズ・セロン )だが3人目の子供が生まれて、心身共に疲れ果ててしまった。弟から夜だけ子供の面倒を見てくれるベビーシッターの話を聞き、最初は他人に子供を預けることを戸惑っていたマーロだがついに心が折れベビーシッターを雇うことを決意した…。マーロの元にやってきた夜だけのベビーシッター・タリー(マッケンジー・デイヴィス)との出会いが、人生を好転させていく…。


『タリーと私の秘密の時間』は8月17日(金) TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.


《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top