「嵐」20周年で心配される「アニバーサリーイヤー」の呪い | NewsCafe

「嵐」20周年で心配される「アニバーサリーイヤー」の呪い

芸能 まいじつ/entertainment

「嵐」20周年で心配される「アニバーサリーイヤー」の呪い

数多くの人気アイドルグループを抱えるジャニーズ事務所だが、最近は数々のグループが記念すべき“アニバーサリーイヤー”を目前にして問題やトラブルを起こしている。そのため、ファンからは「周年の呪い」などと言われるほど不安視されている。


【関連】木村拓哉&嵐の「共演実現」でジャニーズファン歓喜か ほか

ジャニーズ事務所所属のグループが“デビュー○○周年”という区切りの年を迎えると、大規模なライブツアーを行うなどメンバー、ファンが一緒になって祝うことが多かった。ところが最近のジャニーズは決してそうではない。その“先駆け”となったのが、2016年末で解散となった『SMAP』だ。この年にデビュー25周年ツアーを行う計画もあったが、独立騒動のためツアーは幻となり解散という結末を迎えた。


「SMAPの解散をきっかけに、ジャニーズは呪われているのではないか? と思わざるを得ないほど、周年を前にトラブルが頻発しているのです。来年25周年の『TOKIO』は山口達也が未成年への強制わいせつ事件を起こしてしまい、どうなるか先行きは不透明。『関ジャニ∞』は15周年ツアー開幕を前に、渋谷すばるが脱退を表明しました。『NEWS』は15周年の今年、小山慶一郎が未成年への飲酒強要疑惑で活動自粛となりました」(レコード会社関係者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top