大竹まこと「腰椎分離症」での入院を報告、病院から駆けつけラジオ出演 | NewsCafe

大竹まこと「腰椎分離症」での入院を報告、病院から駆けつけラジオ出演

芸能 AbemaTIMES/エンタメ

大竹まこと「腰椎分離症」での入院を報告、病院から駆けつけラジオ出演

 タレントの大竹まこと(69)が、腰痛のため都内の病院に検査入院していることが、20日に分かった。


 この日、自身がパーソナリティーを務める文化放送のラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』に入院先の病院から駆けつけ、「19日に病院に行ったら、『入院して下さい』と言われた」と生放送中に説明。

 大竹は先月14日、我慢できないほどの腰の痛みと左足のしびれから病院へ行き、運動などで負荷がかかることで腰椎の骨に亀裂が入り、分離してしまう「腰椎分離症」と診断されていた。6月中旬からおよそ2週間のあいだ番組を休養していた大竹だが、復帰後も痛みが治まらず、生放送中のスタジオに専用の布団を敷き、横になって放送に対応していた。


 今後は入院生活を続けながら、番組に出演する時のみ医師の許可を取って外出し、ラジオの出演は続けていくという。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


▶︎22日(日)22:00~ 福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」を配信

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top