2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由 | NewsCafe

2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由

民放各局の夏ドラマが続々とスタートしている。まだ1、2話が放送されたばかりだが、早くも視聴率の明暗が鮮明となっており、関係者をヤキモキさせているようだ。 まず、堅調なスタートを切ったのはテレビ朝日『遺留捜査5』。7月12日に放送された初回2時間SPは14.7%の高視…

芸能 まいじつ/entertainment
2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由

民放各局の夏ドラマが続々とスタートしている。まだ1、2話が放送されたばかりだが、早くも視聴率の明暗が鮮明となっており、関係者をヤキモキさせているようだ。


【関連】綾瀬はるか「バスト強調」シーンが鮮烈すぎる新ドラマ「義母と娘のブルース」 ほか

まず、堅調なスタートを切ったのはテレビ朝日『遺留捜査5』。7月12日に放送された初回2時間SPは14.7%の高視聴率で、堂々の1位を獲得。昨年7月期にシーズン4が放送されたが、平均視聴率11.0%と好調だっただけに、今回も安定した視聴率が期待されている。


続いて初回視聴率11.5%の2位を獲得したのは、フジテレビ『グッド・ドクター』。フジの木曜劇場は過去に『Dr.コトー診療所』や『医龍』など医療ドラマをヒットさせているだけに、今回も順調にスタートしたと言えよう。韓国の医療ドラマをリメイクしたという本作は、2013年に韓国で大ヒットしており、アメリカでもシリーズ化されているだけに、フジとしては何としてもヒットさせたいと、関係者の鼻息も荒いという。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top