北海道エアシステム、ATR42-600型機3機を発注へ サーブ340B-WT型機を更新 | NewsCafe

北海道エアシステム、ATR42-600型機3機を発注へ サーブ340B-WT型機を更新

HAC(北海道エアシステム)と航空機メーカーのATR社が、ATR42-600型機3機の発注に関する覚書を締結。現在運航中のサーブ340B-WT型機を置き換えます。2020年に運航開始予定 JAL(日本航空)グループのHAC(北海道エアシステム)と、航空機メーカーのATR社(フランス)は201…

車・乗り物 乗り物ニュース
北海道エアシステムが導入するATR42-600型機のイメージ(画像:JAL)。
HAC(北海道エアシステム)と航空機メーカーのATR社が、ATR42-600型機3機の発注に関する覚書を締結。現在運航中のサーブ340B-WT型機を置き換えます。

2020年に運航開始予定

 JAL(日本航空)グループのHAC(北海道エアシステム)と、航空機メーカーのATR社(フランス)は2018年7月18日(水)、ATR42-600型機3機(確定2機、オプション1機)の発注に関する覚書を締結したと発表しました。

 現在、運航に使用しているサーブ340B-WT型機を更新し、2020年に運航を始める計画です。 HACの代表取締役社長、桑野洋一郎さんは「新しいATR42-600は広々とした客室が特徴で、居住性が格段に向上します。また冬季の運航実績も豊富であり、寒冷地である北海道での運航にも信頼性が増しています。この新しい機材で、これまで培ってきた安全運航体制のもと、今後も北海道地域のネットワークを維持し、皆さまの生活のため、安全で快適な移動空間を提供します」とコメント。 ATR社の最高経営責任者、クリスチャン・シェーラーさんは「ATRが日本に適した機材であることを目にし、とてもうれしく思います。他の航空機の追随を許さない高い経済性とそれ以上のものを提供することにより、JALグループの支持を得られたことは、私たちの機体が、快適性や環境への配慮、地域交通への貢献などを重要視する先進的な社会に適していることを証明してくれます」としています。 ATR42-600型機は、JALグループでは鹿児島県霧島市に本社を置くJAC(日本エアコミューター)が9機を発注しており、初号機は2017年4月に就航しています。

【画像】ATR42-600型機とサーブ340B-WT型機の比較
《乗りものニュース》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top