2016年のリベンジへ 日ハムの新エース上沢、今年こそ優勝の美酒に酔えるか | NewsCafe

2016年のリベンジへ 日ハムの新エース上沢、今年こそ優勝の美酒に酔えるか

■ターニングポイントの2018年、背番号15への熱い思いも… 故障を乗り越え輝きを放ち続ける24歳の長身右腕にとって、2018年がまさにターニングポイントとなっている。日本ハムの上沢直之投手が開幕から快投を続け、チームの新たなエースへと名乗りを上げようとしている。…

スポーツ フルカウント
日本ハム・上沢直之【写真:荒川祐史】
■ターニングポイントの2018年、背番号15への熱い思いも…

 故障を乗り越え輝きを放ち続ける24歳の長身右腕にとって、2018年がまさにターニングポイントとなっている。日本ハムの上沢直之投手が開幕から快投を続け、チームの新たなエースへと名乗りを上げようとしている。自身初となる球宴出場を果たした若武者は「今のところすごくいい形で投げられているので、調子を崩さずにやっていきたいです」と気を緩めることなく、今後の登板をしっかりと見据えている。

 専大松戸高校から2011年のドラフト6位で日本ハムに入団した上沢は、プロ入り3年目の2014年に先発陣の一角に加わると、23試合で8勝8敗、防御率3.19とブレーク。ポストシーズンでも先発登板の機会を得るなど大きな飛躍の一年を過ごした。

 20歳の若さで結果を残したことで今後に向けても大きな期待が寄せられたが、ここから上沢を待っていたのは2年以上に及ぶ苦難の道のりだった。翌2015年は13試合で5勝6敗、防御率4.18と成績を落としてしまい、続く2016年は故障の影響でシーズンを棒に振ることに。劇的な逆転優勝を飾ったチームに全く貢献することができずに1年が終わってしまった。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top