伝統球団の「新4番打者」に明暗 チームの勝敗を左右するセ・リーグ4番成績 | NewsCafe

伝統球団の「新4番打者」に明暗 チームの勝敗を左右するセ・リーグ4番成績

スポーツ フルカウント

DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】
■阪神は新外国人のロサリオを4番に起用も成績が上がらず…

 セ・リーグでは今年、伝統球団で、新たな4番が誕生した。しかし、その成績は明暗を分けている。

セ・リーグ 7月18日時点での4番打者の打撃成績(途中出場除く)

広島 79試278打79安16本66点 打率.284
阪神 77試288打69安7本43点 打率.240
DeNA 81試305打105安29本61点 打率.344
巨人 85試312打81安13本38点 打率.260
中日 84試321打100安14本58点 打率.312
ヤクルト 80試290打77安18本65点 打率.266

 DeNAの4番が非常に好調。打率は.344、ただし打点は広島、ヤクルトに次ぐ3位。これは4番の前を打つ上位打線の出来にかかわっている。阪神は4番が固定できず苦しんでいる。

各球団の4番打者を見ていこう。(先発のみ)

○広島

鈴木誠也 55試194打58安12本43点 打率.299
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top