東大、共通テスト「英語」民間試験は不使用か…年内に実施方針決定 | NewsCafe

東大、共通テスト「英語」民間試験は不使用か…年内に実施方針決定

社会 ニュース
東京大学
  • 東京大学
  • WGからの提案
 東京大学は2018年7月14日、大学入試センター試験に代わり2020年度から実施される「大学入学共通テスト(共通テスト)」の英語について、民間の英語資格・検定試験活用について検討してきたワーキンググループ(WG)答申を公表した。

 石井洋二郎理事・副学長が座長を務める入学者選抜方法検討ワーキンググループによる答申が示す提案は3つ。

 提案1は、「出願にあたって認定試験の成績提出を求めない」というもの。優先順位第1の選択肢として掲げられている。

 その理由は、国立大学協会(国大協)が示す、英語の資格・検定試験を出願資格とする場合の活用方法にある。国大協は、英語の資格・検定試験を出願資格とする場合の1つの方法として、そのレベル設定はCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)対照表に基づき一定の水準、たとえば「A2以上」などを受験資格とする方法を掲げている。これについてWGは「これは従来の出願条件を満たす『すべての者に門戸を開』いてきた本学にとって、きわめて大きな方向変更になると思われる。」とコメント。現在は出願段階においては勘案されていない「成績評価」という要素を英語のみに追加することになるとし、英語の資格・検定試験を活用しないとする答申を明らかにした。
《佐藤亜希》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top