ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢 | NewsCafe

ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢

今年5月にジャニーズ事務所からデビューした『King & Prince(キンプリ)』のデビューシングルCD『シンデレラガール』の売り上げが、累計で60万枚を突破した。 ユニバーサルミュージックとジャニーズの共同運営で新設されたプライベートレーベル『Johnnys’ Universe』か…

芸能 まいじつ/entertainment
ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢

今年5月にジャニーズ事務所からデビューした『King & Prince(キンプリ)』のデビューシングルCD『シンデレラガール』の売り上げが、累計で60万枚を突破した。


ユニバーサルミュージックとジャニーズの共同運営で新設されたプライベートレーベル『Johnnys’ Universe』からリリースされた同曲だが、7月12日発売の『週刊文春』によると、同レーベルの立ち上げや契約の場にはジャニー喜多川社長とメリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長の3人が一堂に会したほどで、半端ではない力の入れ具合だったという。


「キンプリは、とにかくジャニー社長の寵愛を受けています。ジャニー社長はことあるごとに『キンプリは私が手掛ける最後のグループ』と言ってはばからない。手塩にかけたメンバーたちだから、かわいくて仕方がないのでしょう」(ジャニーズライター)


 


紅白歌合戦の「TOKIO枠」をキンプリが狙う


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top