趣味の喫茶店を経営する店長に「どのくらいもうかるの?」と聞いてみた | NewsCafe

趣味の喫茶店を経営する店長に「どのくらいもうかるの?」と聞いてみた

喫茶店の店舗数は1981年をピークに、現在は減少の一途をたどっている。だが、ここ数年は“昭和レトロ雑貨”に焦点を置いた喫茶店や、文房具、爬虫類、プラモデル、ミシンなど、趣味性の高い喫茶店のオープンが相次いでいる。「打ち合わせなどの用途は安いチェーン店で十分…

芸能 まいじつ/entertainment
趣味の喫茶店を経営する店長に「どのくらいもうかるの?」と聞いてみた

喫茶店の店舗数は1981年をピークに、現在は減少の一途をたどっている。だが、ここ数年は“昭和レトロ雑貨”に焦点を置いた喫茶店や、文房具、爬虫類、プラモデル、ミシンなど、趣味性の高い喫茶店のオープンが相次いでいる。「打ち合わせなどの用途は安いチェーン店で十分、どうせお金を出すなら自分の趣味に合ったお店で」という考えの人が増えているのだ。


【関連】第二の人生の選択肢?「占い師」という職業の魅力 ほか

会社を辞めて趣味を生かした喫茶店経営を目指している人も増加中だそうだが、果たして趣味喫茶の経営とはどんなものなのか、具体的な話を聞いてみた。まず、喫茶店の開店資金、利益はどのくらいなのだろう?


「コツコツと集めたCDが2000枚ほどあったので、ロック喫茶を経営することを決意し、32歳で開店にこぎ着けました。開店資金は300万円ほどでしたが、初めのころは3日連続で客の数がゼロという日もあったので、100万円ほどの余裕がなかったら経営も危機に直面していたと思います」(ロック喫茶経営者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top