犬の脳炎について 症状や原因、治療と予防法 | NewsCafe

犬の脳炎について 症状や原因、治療と予防法

動物 ワンちゃん本舗
犬の脳炎について 症状や原因、治療と予防法
犬の脳炎の症状


犬の脳が壊死や炎症を起こすことで、てんかん発作や視力障害、前庭障害(首が傾く、うまく歩けなくなるなど)が起き、重篤化すると意識障害を起こします。


脳炎は比較的若い犬で発症します。気づかないまま放置すると、症状が進行し命を落としてしまうこともあります。

犬の脳炎の原因


犬の脳炎の原因には大きく2つに分けられます。ウイルスや細菌に感染して発生する感染性のものか、非感染性のものです。犬の脳炎の発生が多いのは非感染性のものです。


小型犬に発生する脳炎も非感染性のものがほとんどです。非感染性のものは、自己免疫疾患だと考えられており、正確な原因がわかっていません。


犬の脳炎の非感染性脳炎は、病態によって以下の3つに分類されます。


肉芽腫性髄膜脳炎(GME)
壊死性髄膜脳炎(NME)
壊死性白質脳炎(NLE)





肉芽腫性髄膜脳炎(GME)

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)とは、犬の脳の中に肉芽腫ができて、肉芽腫ができる場所によって症状が異なります。好発犬種はなく、広い範囲の犬種で発生します。その中で、大型犬での発生は少なく、小型犬~中型犬の発生は多いです。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top