実は砂糖を入れると美味しい料理とその理由を深読み | NewsCafe

実は砂糖を入れると美味しい料理とその理由を深読み

グルメ オリーブオイルをひとまわし

実は砂糖を入れると美味しい料理とその理由を深読み
  • 実は砂糖を入れると美味しい料理とその理由を深読み

オリジナルサイトで読む >

実は砂糖を入れると美味しい料理とその理由を深読み

料理と砂糖。なかなか結びつかないが、実は砂糖をほんの少し入れるだけで格段に美味しくなる料理がある。なぜ美味しくなるのか、今回はその理由を探っていこう。

1. 砂糖の効能

一般的な砂糖の種類

みなさんのご自宅にある砂糖は、何色だろうか?砂糖の色は大まかに分けると、白か茶色の2色だろう。白い砂糖は、精製されたもの。上白糖やグラニュー糖などがこれに当たる。不純物を取り除いているので純度が高く、クセのない味わい。対して茶色は精製されていないものが多い。精製されていない砂糖は、ミネラルなどが含まれていて、コク深い味わいが特徴だ。

三温糖の真実

三温糖は茶色の砂糖なので、精製されていないと思われがちだが、実は違う。砂糖の原料はさとうきびやテンサイである。これらの原料を煮詰めて、ミネラルなどを含む不純物を取り除いたものが上白糖になる。さらに残った糖液を煮詰めると、熱で糖が分解して茶色に色づく。これが三温糖だ。微差はあれど、栄養素的にも上白糖とほぼ同様。すなわち、三温糖は茶色だが、精製された砂糖というわけ。

自宅で使い分けるなら

数種類の砂糖を常備するなら、ぜひ精製されたものとそうでないものをチョイスしてほしい。精製糖の代表格である上白糖はすっきりとした癖のない味わいなので、幅広く使える。精製されていない砂糖には、黒糖やてんさい糖、粗糖などがある。用途に合わせて精製糖と未精製糖を使い分けてみよう。

2. 砂糖の上手な使い道

料理の基本さしすせそ

料理の基本「さしすせそ」を知っているだろうか?これは和食の基本調味料とされていて、さは砂糖、しは塩、すは酢、せは醤油、
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top