【夏休み2018】外務省の中を歩いてみよう、こども霞が関見学デー8/1・2 | NewsCafe

【夏休み2018】外務省の中を歩いてみよう、こども霞が関見学デー8/1・2

子育て・教育 リセマム/教育イベント/小学生
2018年 こども霞が関見学デー
  • 2018年 こども霞が関見学デー
  • 2018年 こども霞が関見学デー 地図
  • 外務省「こども霞が関見学デー」
 外務省は、平成30年8月1日と2日に開催する「こども霞が関見学デー」の事前登録制参加プログラム「各国の外交官と話してみよう!」など3つのプログラムで参加者を募集する。対象者は小中学生とその保護者。締切りは7月6日(当日消印有効)。

 「こども霞が関見学デー」は、外務省や文部科学省などの府省庁等が連携して業務説明や省内見学などを行うことにより、親子の触れ合いを深めるイベント。子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とし、府省庁などの施策に対する理解を深めてもらうことを目的とした取組み。平成29年度は8月2日と3日の2日間にわたって行われ、延べ4万3,484人が参加。このうち、外務省のプログラムには、延べ1,937人が参加した。

 外務省は、平成30年度の事前登録制参加プログラムとして、外務省の仕事紹介や外務省職員との対話・交流などを行う「外務省ってどんなところ?聞いてみよう!」、東京にある世界各国の大使館で働く外交官による自国紹介と参加者との対話・交流などを行う「各国の外交官と話してみよう!」、外務省員と一緒に外務省の施設の中を巡る省内見学ツアー「外務省の中を歩いてみよう!」を実施する。
《工藤めぐみ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top