相続税法や租税特別措置法で認められている相続・贈与税が非課税となる財産 | NewsCafe

相続税法や租税特別措置法で認められている相続・贈与税が非課税となる財産

面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

相続税法や租税特別措置法で認められている相続・贈与税が非課税となる財産
相続税が課税されない規定がある。それは、基礎控除額やみなし相続財産(生命保険金・死亡退職金他)の非課税があり、更に墓地墓石仏壇仏具等日常礼拝に使用する物は相続税非課税となっている。また、被相続人が死亡時に所有していた資産のうち、マイナスの資産即ちローンの残債には相続税非課税である。これらは、相続税法第12条並びに租税特別措置法第70条他に詳細に規定されている。

■壺切御剣とは?

規定を読み込んでいくと、皇室経済法の規定により皇位とともに皇嗣が受けた物とある。当該規定にある物とは、壺切御剣(つぼきりのみつるぎ)とされている。簡単に解説してみると、皇室において皇太子に相伝される守り刀であり、立太子の際に今上天皇から授けられる。由来としては、西暦893年(寛平5年)に宇多天皇が敦仁親王(後の醍醐天皇)の立太子の際に壺切御剣を下賜したのが始まりとされている。現在継承されている壺切御剣は二代目とのことだが、初代は平安時代後期に火災で焼失された。その後に二代目が作成されたが、承久の乱にて所在不明となった。しかし、西暦1258年(正嘉2年)に発見され、以後現在まで皇室にて継承されている。
《心に残る家族葬》

特集

page top