【中学受験2019】【高校受験2019】大阪市立水都国際、入試方針を公表 | NewsCafe

【中学受験2019】【高校受験2019】大阪市立水都国際、入試方針を公表

子育て・教育 リセマム/教育・受験/小学生
大阪市立水都国際中学校・高等学校
  • 大阪市立水都国際中学校・高等学校
  • 平成31年度大阪市立水都国際中学校入学者選抜の日程
  • 平成31年度大阪市立水都国際高等学校入学者選抜の日程
 大阪市教育委員会は平成30年6月20日、全国初の公設民営の中高一貫教育校となる大阪市立水都国際(すいとこくさい)中学校・高等学校の平成31年度(2019年度)入学者選抜方針を公表した。中学校は、適性検査と英語学習に関するグループ面接によって選抜する。

 大阪市立水都国際中学校・高等学校は、国際戦略特区制度を活用した全国初の公設民営の中高一貫教育校。平成31年(2019年)4月、南港ポートタウンに開校する。設置者は大阪市、管理・運営は学校法人大阪YMCAが行う。国際バカロレア認定コースの導入も予定している。

 中学校の募集人員は80人。適性検査I、適性検査II、面接により選抜を実施し、高い適性を示した順に80人の合格者を定めるという。

 適性検査の問題は、Iは表現力・思考力、IIは物事を多面的に深く思考し、論理的に表現する力を見ることを主眼として、大阪市教育委員会が作成する。面接は、英語の学習に対する意欲や興味・関心などについてグループで行う。
《奥山直美》

特集

page top