地震発生直後からTwitterで情報を発信し続ける「吉村洋文大阪市長」に称賛の声が集まる | NewsCafe

地震発生直後からTwitterで情報を発信し続ける「吉村洋文大阪市長」に称賛の声が集まる

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24

地震発生直後からTwitterで情報を発信し続ける「吉村洋文大阪市長」に称賛の声が集まる
2018年6月18日午前、大阪府北部で震度6弱の地震が発生した。気象庁では「今後1週間は震度6弱程度の地震が発生する可能性あり」としているから、近隣の方は引き続き警戒を願いたい。思えば熊本地震は2回目が本震であった。

さて、ネット上ではデマも含む様々な情報が飛び交っているが、俄然注目を集めているのが吉村洋文(よしむら ひろふみ)大阪市長である。吉村市長は地震発生直後から、自身のTwitterで地震にまつわる有益な情報を発信し続けているのだ。

・スピーディーな対応
地震発生直後、Twitterにて「大阪で大きな地震が発生しました。各メディアの情報に注意し、安全を確保して下さい」と発信を始めた吉村市長。その後も「余震の可能性もあるので、倒れた家具は元に戻さないで下さい」などと安全確保を呼び掛けている。

さらには地震発生から約1時間後には「市役所での災害対策本部を立ち上げ」及び「24区での災害対策本部を立ち上げ」を報告しているから、かなりのスピード感ではなかろうか? また「火災3件、救護救助20件発生しています」と現状も報告もしており、特に大阪在住の人にとっては参考になったに違いない。
《ロケットニュース24》

特集

page top