6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る 3ページ目 | NewsCafe

6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る

「生姜の日」は6月15日。2009年に永谷園が登録・制定したとされる。生姜の魅力を多くの人に知ってもらうきっかけの日にするのが目的であるというが、この日付になったのには訳があった。「生姜の日」の由来や秘密について解説しよう。

グルメ オリーブオイルをひとまわし
6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る
  • 6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る
香辛料は古くから調味料として料理に使われ、またその薬効から薬としても利用されてきたため、波自加弥神社も、調味・医薬・健康の神とされ、江戸時代には加賀・越中・能登の料理屋の主人ばかりでなく医師や薬屋なども多く参拝したという。現在では、はじかみ大祭には県内外から、生姜を扱う生産者・業者・料理人らも参詣し、社業の発展などを祈願している。生姜・菓子・カレー・飲料・美容品などの香辛料にまつわる商品の奉納が多数あり、拝殿に所狭しと並ぶ光景は珍しい。

祭典後は、漬物組合による「漬物コンテスト」や「漬物・生姜の奉納川柳大会」が行われるほか、調理師団体や店舗の「しょうが寿司」や「冷製はじかみうどん」などの料理が奉納され、参拝者もお下がりとしていただくことができるなど、多彩な行事が行われている。

なお、奈良時代の干ばつ時に人々を救った霊水は「黄金清水(こがねしょうず)」と呼ばれ、現在でも湧き出ているとされ、はじかみ大祭終了後には、この霊水を使用して作られている生姜湯が参拝者に振る舞われる。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top