6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る | NewsCafe

6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る

グルメ オリーブオイルをひとまわし

6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る
  • 6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る
波自加弥神社は、石川県金沢市の北部、二日市町と花園八幡町の入会地に鎮座する香辛料の神をまつる神社である。社伝によると、奈良時代に大規模な干ばつで多くの被害が出た際、国造が波自加弥神社に社参し、37日間の雨乞い祈願をした。満願の日には近くの谷より霊水が湧き出たという。人々は干ばつでも自生していた生姜を献じて感謝の祭りを行った。この日が6月15日であったといい、はじかみ大祭の日になっている。

生姜は、香辛料や薬味として広く用いられるほか、さまざまな薬効があるとされ、三韓征伐の際、朝鮮半島より医薬としての生姜を日本に初めて伝えたとされる朝臣・武内宿禰(ちょうしん・たけのうちのすくね)を祀る、摂社・諶兵堂(せっしゃ・じんべえどう)も波自加弥神社の境内にあるといい、生姜と波自加弥神社との関係の深さをうかがい知ることができる。

2. はじかみ大祭ってどんなお祭り?

その社名の語源を、口にして辛いものである、ショウガ・ワサビ・サンショウなどの香辛料を指す古語『薑・椒(はじかみ)』としている波自加弥神社では、毎年6月15日に「はじかみ大祭(通称・しょうが祭り)」が執り行なわれている。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top