6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る | NewsCafe

6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る

「生姜の日」は6月15日。2009年に永谷園が登録・制定したとされる。生姜の魅力を多くの人に知ってもらうきっかけの日にするのが目的であるというが、この日付になったのには訳があった。「生姜の日」の由来や秘密について解説しよう。

グルメ オリーブオイルをひとまわし
6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る
  • 6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る

オリジナルサイトで読む >

6月15日は生姜の日。いつから?なぜ?その由来やヒミツについて探る

「生姜の日」は6月15日。2009年に永谷園が登録・制定したとされる。生姜の魅力を多くの人に知ってもらうきっかけの日にするのが目的であるというが、この日付になったのには訳があった。「生姜の日」の由来や秘密について解説しよう。

1. 生姜の日と波自加弥神社の関係とは?

「生姜の日」は、多くの人に生姜の魅力を知ってもらうきっかけの日として、2009年に株式会社永谷園が日本記念日協会に登録・制定。以降6月15日を「生姜の日」としている。これは、「波自加弥(はじかみ)神社」で毎年この日に執り行われる「はじかみ大祭」に由来しているという。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top