天皇陛下、ベンチャー支援施設に=恒例の企業視察で―東京・墨田 | NewsCafe

天皇陛下、ベンチャー支援施設に=恒例の企業視察で―東京・墨田

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY

 天皇陛下は15日午前、東京都墨田区の金属加工メーカー「浜野製作所」を訪れ、同社が運営するベンチャー企業の総合支援施設「ガレージスミダ」を視察された。陛下は皇太子時代に民間企業の視察を始め、即位後もほぼ毎年続けている。
 施設では、同社が町工場として培ってきた技術や工作機械などを、斬新なアイデアを持つベンチャー企業に提供。試作品の開発や量産化などをサポートする取り組みが続けられている。
 同社の協力で製品化された次世代型の電動車いすや、障害者や難病患者らが分身として遠隔操作できるロボット「OriHime」を見た陛下は「高齢化社会になってくると、こういうものの必要性がますます増してくるでしょうね」と感心した様子。「いい研究が進むと本当に多くの人の幸せにつながりますね」と話していた。   天皇陛下は15日午前、東京都墨田区の金属加工メーカー「浜野製作所」を訪れ、同社が運営するベンチャー企業の総合支援施設「ガレージスミダ」を視察された。陛下は皇太子時代に民間企業の視察を始め、即位後もほぼ毎年続けている。
 施設では、同社が町工場として培ってきた技術や工作機械などを、斬新なアイデアを持つベンチャー企業に提供。試作品の開発や量産化などをサポートする取り組みが続けられている。
 同社の協力で製品化された次世代型の電動車いすや、障害者や難病患者らが分身として遠隔操作できるロボット「OriHime」を見た陛下は「高齢化社会になってくると、こういうものの必要性がますます増してくるでしょうね」と感心した様子。「いい研究が進むと本当に多くの人の幸せにつながりますね」と話していた。 
《時事通信社》

特集

page top