【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる | NewsCafe

【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる

スポーツ サイクルスタイル/オピニオン/コラム

熊谷商・花巻東、試合前挨拶
  • 熊谷商・花巻東、試合前挨拶
  • いざ、試合へ向かう熊谷商
  • ピンチをどうかわしていくか…、相談する熊谷商選手たち
  • ベンチ前の熊谷商選手たち
  • ローカルなひろせ野鳥の森駅が熊谷商の最寄り駅
  • 栄光を示すペナントの数々
  • 花巻東のシートノック
  • 熊谷商・笠原拓弥君
今年で第100回となる全国高校野球。その歴史は重い。今大会は記念大会ということで、例年よりも多い代表校が出場することも既に発表されている。埼玉県も、今年は南北に分かれての二校代表ということになっている。

北埼玉大会では、昨夏には全国制覇を果たしている花咲徳栄がいて、昨秋も県大会を制し、今春も準優勝で関東大会に進出するなど圧倒的な強さを維持している。

北埼玉大会で古豪復活を目指しているのが熊谷商だ。かつては春1回、夏5回の甲子園出場を果たしたこともある伝統校である。

伝統校の重みを背負う
熊谷商が一気に全国に認知されたのは1970(昭和45)年夏の甲子園での2回戦のことである。平安との壮絶な打撃戦は、8回まで熊谷商が9対4とリードしていた。ところが9回に先攻の平安が一挙6点を奪い逆転。それでも、その裏熊谷商は1点差を追いついて延長にもつれ込む。

10回、平安は先頭打者の本塁打などで2点を奪い突き放す。さすがに、名門平安の底力で勝負あったかと思われた。ところが、その裏に熊谷商は反撃して連続三塁打で1点を返し、なおも続くチャンスで暴走気味の走塁が相手悪送球を導いて逆転。こうして劇的サヨナラとなった。
《手束仁》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top