夏ボーナス、過去最高96万円=大手企業、2年ぶり増―経団連集計 | NewsCafe

夏ボーナス、過去最高96万円=大手企業、2年ぶり増―経団連集計

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY

 経団連は14日、大手企業の2018年夏ボーナスの妥結状況(第1回集計)を発表した。回答があった96社の組合員平均で、妥結額は前年比6.7%増の96万7386円と2年ぶりに増加。第1回集計としては1959年の調査開始以来、過去最高の水準となった。
 平均妥結額が前年を大きく上回ったのは、企業業績の好調に加え、安倍晋三首相が経済界に求めた3%の賃上げ要請に応えようと、経団連が会員企業に呼び掛けたことも影響したようだ。
 回答企業のうち、製造業は91社平均で6.4%増の95万5680円、非製造業は5社平均で10.6%増の116万6540円。14業種中、マイナスは0.5%減のセメントと4.5%減の紙・パルプの2業種にとどまった。   経団連は14日、大手企業の2018年夏ボーナスの妥結状況(第1回集計)を発表した。回答があった96社の組合員平均で、妥結額は前年比6.7%増の96万7386円と2年ぶりに増加。第1回集計としては1959年の調査開始以来、過去最高の水準となった。
 平均妥結額が前年を大きく上回ったのは、企業業績の好調に加え、安倍晋三首相が経済界に求めた3%の賃上げ要請に応えようと、経団連が会員企業に呼び掛けたことも影響したようだ。
 回答企業のうち、製造業は91社平均で6.4%増の95万5680円、非製造業は5社平均で10.6%増の116万6540円。14業種中、マイナスは0.5%減のセメントと4.5%減の紙・パルプの2業種にとどまった。 
《時事通信社》

特集

page top