中川大志、ついに成人 「まだ20歳だったのか」と驚いてしまう人続出 | NewsCafe

中川大志、ついに成人 「まだ20歳だったのか」と驚いてしまう人続出

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

【中川大志/モデルプレス=6月14日】俳優の中川大志が14日に20歳の誕生日を迎えた。子役時代からの絶え間ない活躍ぶりと、落ち着きのある雰囲気からか、ネット上では「まだ20歳だったのか!」と驚きの声も上がっている。

【さらに写真を見る】

現在放送中のTBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(火曜よる10時~)では自身No.1の王子様キャラ“天馬くん”を好演し、放送のたびにTwitterのトレンドを席巻する人気ぶり。記念すべき20歳の誕生日は「花晴れ」の撮影終了後の車の中で迎えたことが、主演の杉咲花のInstagramで伝えられている。

小学5年生で芸能界入りし、2009年に俳優デビュー。ドラマ『家政婦のミタ』(11)で一家の長男役を演じ注目を浴び、その後もドラマ『GTO』(12)、『夜行観覧車』(13)、『水球ヤンキース』(14)、『監獄学園-プリズンスクール-』(15)、NHK大河ドラマ『真田丸』(16)など、王道の胸キュンからきわどい深夜ドラマ、大河まで幅広いジャンルの作品、役柄に対応できる、誰もが認める実力派俳優の1人。今年は映画『坂道のアポロン』、『虹色デイズ』(7月6日公開)、ドラマ&映画『覚悟はいいかそこの女子。』(ドラマは6月24日スタート、映画は10月12日公開)などがある一方で、auのCMで熱演する長髪にメガネの“細杉(こますぎ)くん”の強烈なインパクトに驚かされた人も多いだろう。
《モデルプレス》

特集

page top