EXILE TAKAHIRO、監督デビューに乗り気!? 黒木瞳らとショートフィルムの魅力語る | NewsCafe

EXILE TAKAHIRO、監督デビューに乗り気!? 黒木瞳らとショートフィルムの魅力語る

米国アカデミー賞公認のショートショートフィルムフェスティバル & アジア2018(以下、SSFF&ASIA)から、企業や団体がブランディングを目的に制作したショートフィルムを表彰する部門「Branded Shorts 2018」が6月13日に開催され、黒木瞳、EXILE TAKAHIROらが登壇した。

芸能 シネマカフェ/最新ニュース/レポート
「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
  • 「 Branded Shorts 2018」トークイベント
米国アカデミー賞公認の「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2018」(以下、SSFF&ASIA)から、企業や団体がブランディングを目的に制作したショートフィルムを表彰する部門「Branded Shorts 2018」が6月13日(水)に開催され、黒木瞳、EXILE TAKAHIROらが登壇した。


トークイベント「ショートフィルムの魅力」に登場したのは「ネスレシアター」のショートフィルム『わかれうた』で監督も務めた黒木さんと、『カナリア』(監督・松永大司)で主演を務めたTAKAHIROさん。ほかにも映画コメンテーターで「SSFF & ASIA」フェスティバルアンバサダーを務めるLiLiCo、本映画祭代表である別所哲也の4人がステージに登場した。


■“監督”黒木瞳、ショートフィルムは制約があるからこそ「逆に相乗効果に」
昨年発表した、コーヒーの香りをテーマにした『わかれうた』が前後編合せて延べ100万回再生された反響を聞かれた黒木さんは「作品を見た人から、コーヒーを何故か飲みたくなったという声があり、こちらの作戦通りでした」と微笑みを浮かべる。「ショートフィルムは時間制約のある中でより優れた作品を制作していくということに面白みがある。制約があってそれが逆に相乗効果になっているんだろうな」とショートフィルムの魅力を語った。
《text:cinemacafe.net》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top