【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出 | NewsCafe

【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24

【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出
2018年5月22日、悪質タックル問題で加害者となってしまった日本大学アメフト部の選手が、記者会見を行った。会見で選手は自らの非を認め、ケガをさせてしまった関西学院大学のアメフト部の選手と家族に対して謝罪すると共に、騒動の経緯について自らの認識を詳しく話した。

その翌日、23日20時に日大アメフト部の元監督・内田正人氏と井上奨(つとむ)コーチが緊急記者会見を開き、関係者へ謝罪をすると共に、報道陣からの質問に答えた。これをネット配信などで見ている視聴者からは、「見苦しい」との声が相次いでいる。

・潰せと指示
記者会見で、報道陣からの質問は「危険なタックルの指示は行われたかどうか」に集中した。直接指導に携わっていた井上コーチは、「クオーターバックを潰せ」という発言を行ったことについて認めたものの、「ケガをさせる目的で発言していない」と語っている。

・プレイを見ていなかった
関学大との交流戦において、日大の宮川選手は悪質なタックルの後にも反則行為を行ったのだが、「なぜ最初のタックルで対処しなかったか?」と問われると、内田氏は「試合中にその場面を見ていなかった」と説明。
《ロケットニュース24》

特集

page top