日大アメフト『悪質タックル問題』に本田圭佑が苦言「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」→ 物議「それは違うと思う」「まじそれ」 | NewsCafe

日大アメフト『悪質タックル問題』に本田圭佑が苦言「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」→ 物議「それは違うと思う」「まじそれ」

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24

日大アメフト『悪質タックル問題』に本田圭佑が苦言「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」→ 物議「それは違うと思う」「まじそれ」
スポーツマンシップとは何だったのか? そう思わずにはいられない日大アメフト部の『悪質タックル問題』が日本中を騒がせている。2018年5月22日、タックルした宮川選手が会見を開き、監督やコーチの指示だったことを明かしたのは以前の記事でお伝えした通り。

会見から一夜明けてもいまだネットはザワついているが、そんな中、サッカープレイヤーの本田圭佑さんが苦言を呈している。「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」と。

・本田圭佑さんが持論を展開
5月23日12時24分に更新された本田圭佑さんのTwitter。『悪質タックル問題』に触れたものだが、事件の本質以上にそれを受けての反応に言及したものである。内容は以下の通り。

「監督も悪いし、選手も悪い。傷つけられた選手は生死に繋がるような怪我でなくて何より。

ただ毎日寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?

あのタックルは罪だし究明もすればいい。ただこのニュースにいつまでも過剰に責め続ける人の神経が理解できないし、その人の方が罪は重い」
《ロケットニュース24》

特集

page top