世代交代に負けるな 40歳過ぎても第一線で戦う球界の偉大なベテランたち | NewsCafe

世代交代に負けるな 40歳過ぎても第一線で戦う球界の偉大なベテランたち

スポーツ フルカウント

西武・松井稼頭央、阪神・福留孝介、中日・岩瀬仁紀(左から)【写真:荒川祐史】
■現在、40歳を超えて現役を続けているのは8選手

 22日に行われたプロ野球は、ベテラン選手たちの活躍が目立った。横浜では、40歳となったばかりの中日・山井大介投手がDeNA戦で今季初先発マウンドに上がると、相手打線をわずか4安打に封じて完封。2014年以来4年ぶりの完封で、史上9人目となる40歳代での完封勝利という快挙も達成した。

 そして福岡。まもなく36歳の誕生日を迎えるソフトバンクの摂津正投手は西武戦で今季初先発し、2年ぶりの勝利を掴んだ。5回を投げて5つの四球を与える苦しい投球だったが、粘りの投球で無失点。なかなか出番の巡ってこない、苦しい日々が頭をよぎったのだろうか。お立ち台では人目をはばからず涙した。

 “世代交代”、若手への切り替えが、球界の風潮としてある。時代の流れといえば、それまでだが、ただ“年齢”だけでは計ることのできないものが、プロの世界にはある。技術、経験、揺るぎないメンタル…。それを武器とし、若返りに抗いながら、40歳を過ぎても一線級でプレーを続けるベテランたちはいる。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top