長渕剛、TOKIOにエール“粋な演出”で視聴者に感動広がる | NewsCafe

長渕剛、TOKIOにエール“粋な演出”で視聴者に感動広がる

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

【長渕剛/モデルプレス=5月23日】シンガーソングライターの長渕剛が23日放送の日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月曜~金曜あさ8時~)にて生歌を披露。TOKIOに歌でエールを送った。

TOKIO長瀬智也の謝罪&「一緒に泣くぞ」に視聴者も涙<ザ!鉄腕!DASH!!>

デビュー40周年、7月からは4年ぶりの全国ツアーを控える長渕。スタジオでは16日にリリースされた最新曲「Don't Think Twice ~桜並木の面影にゆれて~」を歌った。

その後長渕は「2007年にTOKIOに書いた歌を歌う」と宣言。MCを務める加藤浩次に「なぜ今回その歌を?」と尋ねられると、長渕は「なんか歌いたいなって思って。(TOKIOへの)エールっていう意味もあるね」とコメントし、同グループに楽曲提供した「青春」をテレビ初の弾き語りで披露した。

長渕は曲中でサビ部分の歌詞「信じるのさ 永遠と未来と明日を」の部分を「信じるのさ 仲間と汗と自分を」に替えて熱唱。歌い上げた長渕は歌詞を替えたことについて「(TOKIOへの)メッセージもあるし、歌いたい目的に合わせて歌詞は替えます」と説明し、「しっかり届いたかな?」とカメラに向かって笑顔で語りかけた。

粋な演出と見事な演奏と歌声に、スタジオは感動。同局の森圭介アナウンサーは号泣していた。

◆“TOKIOのために”長渕剛に反響

ネット上では「本当に朝から感動した」「長渕剛やることカッコ良すぎるでしょ」「TOKIOのためにエール…最高にいい男ですね」「届いてるよー絶対届いてるよー」「これは泣ける…」「パワーを貰える最高の歌だった」「替わってる歌詞、エールの言葉に泣ける」などの声が上がっており、感動が広がっていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top