羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」 | NewsCafe

羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」

フィギュアスケート五輪2大会連続金メダリストの羽生結弦選手が、東日本大震災の復興支援サイクリングイベントとして6年目の開催となる「ツール・ド・東北 2018」に向けて、「ボクの出身地である仙台を走る新しいコースも加わったので楽しみ!」と強力なエールを送った。

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」
  • 羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」
  • 「東北のいまを目撃するためにみんなで走りましょう」とツール・ド・東北フレンズ
  • サイクリストとしての実力もハイレベルの域にある道端カレン
  • サッカーだけでなく自転車もパワフルな走りを見せる中西哲生
  • それぞれのスタイルで復興支援を応援したいとお笑いのロバート(右の3人)とパンサー尾形(左)
  • 気仙沼市出身の谷真海。トライアスロンで東京パラリンピックを目指す
  • 羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」
  • 羽生結弦、復興支援サイクリングの「ツール・ド・東北」にメッセージ…「今年の大会も笑顔で盛り上げていきましょう」
フィギュアスケート五輪2大会連続金メダリストの羽生結弦選手が、東日本大震災の復興支援サイクリングイベントとして6年目の開催となる「ツール・ド・東北 2018」に向けて、「ボクの出身地である仙台を走る新しいコースも加わったので楽しみ!」と強力なエールを送った。

各界著名人が関わる「ツール・ド・東北 2018」
「ツール・ド・東北」は震災の記憶を未来に残していくことを目的としたサイクリング大会で、2013年から開催されている。

主催する河北新報社とヤフーが5月22日に都内で記者発表会を開催し、同イベントを支援する各界著名人のメッセージなどを紹介した。

この日の記者発表に登場したのは、ツール・ド・東北の広報大使でもあるモデルの道端カレンさん、パラトライアスリートで東北応援大使の谷(旧姓佐藤)真海選手、元サッカー選手でスポーツジャーナリストの中西哲生さんら。

道端さんは「土曜日は仙台から船を使った新コースが加わりました。私は毎日新しいコースに挑戦しているので、1日目はこれに参加しようかな。2日目は三陸を走る65kmのコースを走ろうなんて勝手に計画しています」とコメント。
《山口和幸》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top