悪質タックル「日大アメフト部」監督が炎上に油注ぐ | NewsCafe

悪質タックル「日大アメフト部」監督が炎上に油注ぐ

日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題で、日大の内田正人監督が5月19日、当該の選手や保護者に謝罪し、監督を辞任する意向を表明した。 このときの内田監督の装いや言葉使いが、インターネ…

芸能 まいじつ/entertainment
悪質タックル「日大アメフト部」監督が炎上に油注ぐ

日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題で、日大の内田正人監督が5月19日、当該の選手や保護者に謝罪し、監督を辞任する意向を表明した。


このときの内田監督の装いや言葉使いが、インターネット上で大いに話題になった。


《ピンクのネクタイで謝罪…》

《え??ピンクのネクタイ選ぶ???って思ってしまった…》

《このピンクネクタイのチョイスに色々集約されるな、、、》

《ピンクのネクタイ!最近は謝罪のときの格好ってこんなんでいいの?》


このように、記者から囲み取材を受けた際の内田監督が、ピンクのネクタイを身に着けて謝罪したことに注目が集まった。だが、ピンクは日大が運動競技で用いているスクールカラーであるため着用していたのだという。


 


相手大学の名称を読み間違え


また、内田監督が会見中に関西学院大学のことを「かんさいがくいんだいがく」と呼んでいたが、このことに関しても多くの書き込みがあった。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top