リコー、物流子会社売却=事業見直しの一環で | NewsCafe

リコー、物流子会社売却=事業見直しの一環で

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY

 リコーは18日、物流子会社リコーロジスティクス(東京)株式の66.6%を、運送会社SBSホールディングスに売却すると発表した。主力の事務用機器の低迷を受けて進めている事業見直しの一環。
 売却額は180億円で、SBSへの株式譲渡は8月の予定。残る33.4%の株式については、リコーと大塚商会が共同出資し設立する新会社が保有する。 
《時事通信社》

特集

page top