ロッテ連敗ストップ 涌井7回2失点で4勝目 鷹・東浜は血染めの投球実らず | NewsCafe

ロッテ連敗ストップ 涌井7回2失点で4勝目 鷹・東浜は血染めの投球実らず

スポーツ フルカウント

7回2失点と好投したロッテ・涌井秀章【写真:荒川祐史】
■涌井は8安打を許すも、粘りの投球で勝利投手に

 ロッテが本拠地で接戦を制し、連敗を3でストップさせた。18日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたソフトバンク戦。先発の涌井が7回で8安打を浴びながらも2失点と好投し、1点を争う好ゲームをモノにし、3-2で勝利した。

 涌井は初回、デスパイネに適時打を浴びて1点を先制されたものの、直後に打線が逆転。清田が右前適時打を放つと、右翼の上林の悪送球も重なって2点が入り試合をひっくり返した。右腕は2回にも1点を失い同点とされたが、3回以降は粘りの投球を続けた。

 同点の5回、ルーキー藤岡裕が右前安打で出塁すると、中村奨吾が適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功。涌井が7回を2失点にまとめると、8回からは継投策で辛くも逃げ切った。

 ソフトバンクは連敗。先発の東浜は毎回のように走者を背負う苦しい展開。試合途中にマメが潰れたのか、ユニホームには血の跡が残ったが、8回まで投げ抜き、8安打5四球で3失点だった。味方打線が3回以降援護出来ずに、東浜は4敗目。昨季の最多勝右腕は、いまだに今季1勝となっている。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top