【MLB】前田健太の快投劇にLAメディアは称賛の嵐「完全に支配」「優秀」「凄まじい」 | NewsCafe

【MLB】前田健太の快投劇にLAメディアは称賛の嵐「完全に支配」「優秀」「凄まじい」

スポーツ フルカウント

8回無失点の圧巻投球をみせたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
■8回2安打無失点8Kで3勝目「終始素晴らしい投球を見せた」

 ドジャースの前田健太投手は17日(日本時間18日)、敵地マーリンズ戦に先発し、8回2安打無失点8奪三振と快投。96球で8イニングを投げ、3勝目(3敗)を挙げた。ドジャースは7-0で快勝し、連敗は「6」でストップ。地元メディも称賛の嵐となっている。

 前田は2回に初ヒットを浴びたものの、後続を断って無失点。3回も1死からヒットを浴びたが、後続を打ち取った。この回の2つのアウトも含めて17打者連続アウトと快投。96球でお役御免となり、8回限りでマウンドを降りた。

 4月18日(同19日)のパドレス戦以来、約1か月ぶりの白星。苦しいチームをトンネルから脱出させる快投だった。地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「マエダは終始マーリンズを圧倒していたため、ロバーツ監督は彼を8回まで続投させたが、これはマエダのキャリア65登板で2度目の出来事であった。彼は被安打2、無四球で抑え、8奪三振を記録した」と、高く評価している。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top