【MLB】44歳コロン、164キロ打球を腹部で“吸収”した“美技”が話題「僕はお腹が大きいから」 | NewsCafe

【MLB】44歳コロン、164キロ打球を腹部で“吸収”した“美技”が話題「僕はお腹が大きいから」

スポーツ フルカウント

メジャー最年長選手であるバートロ・コロン【写真:Getty Images】
■横腹にピッチャー返しが当たるも「なんとかできたよ」、ファン絶賛「彼は伝説」

 レンジャーズのメジャー最年長選手、バートロ・コロン投手が16日(日本時間17日)の敵地マリナーズ戦で102マイル(約164キロ)のピッチャー返しを大きなお腹で“キャッチ”し、話題となっている。MLB公式サイトがツイッターで動画を紹介すると、ファンは「彼は伝説」などと大喜び。コロンはこの試合、7回2/3を4安打無失点3奪三振と快投して5-1の勝利に貢献し、今季2勝目(1敗)を挙げた。

 両チーム無得点で迎えた4回だった。先頭セグラの痛烈なライナーが、コロンの腹部を直撃した。普通の選手であれば、うずくまってしまってもおかしくない場面。しかし、コロンはすぐにボールを拾い上げると、一塁へ送球。顔には笑みさえ浮かべていた。スロー映像を見ると、打球は腹部の左側に当たっている。コロンはふくよかな体で打球の威力を完全に“吸収“していた。
《Full-count》

特集

page top