【MLB】大谷争奪戦の“裏側”、カブス右腕は好意的に回顧「彼はとても熱心だった」 | NewsCafe

【MLB】大谷争奪戦の“裏側”、カブス右腕は好意的に回顧「彼はとても熱心だった」

スポーツ フルカウント

カブスのカイル・ヘンドリックス(左)とエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
■開幕から二刀流で圧巻の活躍、ヘンドリクスは「とにかく見ていて楽しい」

 エンゼルスの大谷翔平投手が、二刀流でメジャーを席巻している。ここまで投手として6試合登板で3勝1敗、防御率3.58、32回2/3で43奪三振。打者としては21試合出場で打率.342、5本塁打、16打点、OPS(出塁率+長打率)1.015と圧巻の成績をマーク。チームも開幕から好調を維持している。

 大谷はすでにチームに大きな影響を与えているが、エンゼルスは昨年12月に大争奪戦を制して二刀流右腕との契約にこぎつけた経緯がある。新労使協定のもとでは23歳以下の外国出身選手を“格安”で獲得できるとあって、メジャーのほぼ全球団が参戦。“書類選考”を通過したチームは本人との面談に臨み、最終的にエンゼルスが選ばれた。ただ、その方法には賛否の声があがった。候補球団の1つであったドジャースは獲得が叶わず、面談に同席していたクレイトン・カーショー投手、ジャスティン・ターナー内野手はその後、地元メディアを通して不快感を明らかにしたが、同じように“出馬”していたカブスの右腕は「個人的には楽しい時間だった」「オオタニはとても熱心に面談に臨んでいた」などと振り返っている。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top