【MLB】田中将大の3球三振に…同僚が「最高に大喜び」!? 米で話題「真の友情」 | NewsCafe

【MLB】田中将大の3球三振に…同僚が「最高に大喜び」!? 米で話題「真の友情」

スポーツ フルカウント

第1打席は空振り三振を喫したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
■DH制のない敵地ナショナルズ戦に先発、田中が「カーブに空振りし、つま先で1回転」

 ヤンキースの田中将大投手が15日(日本時間16日)、敵地で行われたナショナルズ戦に「8番・投手」で先発し、5回4安打3失点で降板した。3-3の同点で迎えた6回の打席で代打を送られてマウンドを降り、勝敗はつかず。試合はその後、降雨サスペンデッドとなり、16日(同17日)に6回裏から再開されることとなった。指名打者(DH)制度のないナ・リーグ本拠地での交流戦で打席に立った右腕は、2回の第1打席は空振り三振に終わったが、あまりに豪快なスイングでチームメートの大爆笑を誘い、アメリカで話題を呼んでいる。

「マサヒロ・タナカがカーブに空振りし、つま先で1回転。そして、デビッド・ロバートソンは最高に大喜び」と特集したのはMLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」だった。

 2回までに3失点を許しながら、尻上がりに調子を上げた日本人右腕は打席でも見せ場を作った。2回無死二、三塁の絶好機で迎えた第1打席。相手先発ジオ・ゴンザレス相手に、2ストライクと追い込まれた後、田中は内角低めに急降下した77マイル(約124キロ)のカーブに豪快なフルスイングを見せた。だが、バットは遥か上を通過。カスリもしなかった。ワンバウンドしたボールを捕手が身体でブロックする間、背番号19は勢い余って一回転してしまった。
《Full-count》

特集

page top