伊豆観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」乗車レポート! 特等席に生演奏、横浜から下田へ | NewsCafe

伊豆観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」乗車レポート! 特等席に生演奏、横浜から下田へ

車・乗り物 乗り物ニュース
東急電鉄と同グループの伊豆急行により運行されている「ザ・ロイヤルエクスプレス」(2018年4月、恵 知仁撮影)。
東急・伊豆急が送り出した豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」に乗って、料理に眺望、「音旅演出家」による車内生演奏と、その旅を満喫! あっという間の3時間、映像でその魅力をお伝えします。

走る列車内で「音旅演出家」によるバイオリン生演奏!

 伊豆急行2100系のうち、「アルファ・リゾート21」として活躍していたカラフルな電車が、JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」などを手がけた水戸岡鋭治さんの手によりリニューアル! シックなロイヤルブルーカラーに生まれ変わり、2017年夏にデビューしたハイグレードな観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス(THE ROYAL EXPRESS)」に2018年4月、横浜駅から伊豆急下田駅まで乗車。約3時間のゆったりした鉄道旅を楽しんできました。

 一番感激したのは、「ななつ星in九州」でも活躍された「揺れに一番強いバイオリニスト」大迫淳英さんの生演奏! この「ザ・ロイヤルエクスプレス」で、観光列車というより豪華クルーズトレインに近いハイグレード感を味わえるのは、この演出があるからこそだと思います。 今回乗車した「ザ・ロイヤルエクスプレス」はメディア向けに運行されたもので、途中、3号車の「マルチカー」において、大迫さんによるミニコンサートが開催されました。 1曲目『愛の挨拶』の有名な旋律が流れた瞬間に心を掴まれ、最後に演奏された『THE ROYAL EXPRESS』のテーマ曲では、鳥肌が立つほど。ヴィヴァルディの『四季』より『春』『みかんの花咲く丘』など、季節や伊豆の歴史を感じられる選曲も、乗客に寄り添ったものだと嬉しくなりました。
《乗りものニュース》

特集

page top