映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也 2ページ目 | NewsCafe

映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也

元SMAPの稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾が主演したオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日からの2週間限定で86館の公開ながら、入場者数が28万人を突破したと報道された。一部ネットメディアからはテレビ露出の少なさから興行収入は2億円から2.5億円と苦戦が予想され…

芸能 まいじつ/entertainment
映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也

 


ジャニーズ最後の砦は「検察側の罪人」


こうなってくると木村拓哉にプレッシャーがかかる。木村は『嵐』の二宮和也と共演した映画『検察側の罪人』で主演をしている。映画はYouTubeに特報動画が公開され、ファンからは「ふたりとも背筋がゾクゾクする演技!」、「もう夏まで待てません」と歓喜の声が上がっている。



だが、ポスターの撮影をしたカメラマンの“アラーキー”こと荒木経惟は、2001年から2016年までモデルを務めたKaoRiさんからハラスメント行為があったことを明かしている。荒木氏による撮影で同意書もなくヌードを強要され、写真を無断使用された揚げ句、荒木氏を名誉毀損で訴えるといった行動はしないという趣旨の同意書に脅迫されるような形でサインさせられたとインターネット上で告白したのだ。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top