映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也 | NewsCafe

映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也

元SMAPの稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾が主演したオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日からの2週間限定で86館の公開ながら、入場者数が28万人を突破したと報道された。一部ネットメディアからはテレビ露出の少なさから興行収入は2億円から2.5億円と苦戦が予想され…

芸能 まいじつ/entertainment
映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也

元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が主演したオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日からの2週間限定で86館の公開ながら、入場者数が28万人を突破したと報道された。一部ネットメディアからはテレビ露出の少なさから興行収入は2億円から2.5億円と苦戦が予想されるなか、大健闘したといっていいだろう。


【関連】 特典商法で元SMAPファン搾取も「クソ野郎」悲惨な動員数 ほか

公開初日に109シネマズ二子玉川で稲垣、草彅、香取と監督の4名が登壇する完成披露初日舞台あいさつがおこなわれ、観客動員を増やすためにほかの映画館を駆けずり回り宣伝活動に励んだことも功を奏した。


映画は続編が決まり、稲垣たちはジャニーズ事務所に頼らなくとも観客動員できることを示したが、真逆の結果になったのがジャニーズ事務所所属タレントの映画だ。『Hey! Say! JUMP』の知念侑李が主演する『坂道のアポロン』は290館で公開されるも、興行収入3億7087万円で観客動員数は30万0824人。また、『Sexy Zone』の平野紫耀が主演した『honey』は145館で公開されたが興行収入は0.6億円だった。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top