LiLiCo、羽生結弦選手パレードで“張り紙作戦”が成功し大喜び「お辞儀をしてくれた」 | NewsCafe

LiLiCo、羽生結弦選手パレードで“張り紙作戦”が成功し大喜び「お辞儀をしてくれた」

芸能 アメーバ

タレントのLiLiCoが22日、自身のアメブロを更新し、仙台で行われた羽生結弦選手のパレードについての裏話を明かしている。

仙台放送「仙臺いろは」のゲストとして呼ばれたLiLiCoは、「仙臺いろはの仲間、金澤アナウンサーと牧アナウンサー、そして八木沼純子さん、パンサーのみんな」とパレードのもようを生放送したことを報告。

LiLiCoは「なんとかして仙台放送らしい特別な映像が録れればといろいろ考えた結果。。。かなりアナログだけど、紙に八木沼先輩ココ↓と書いて、ウィンドウに貼って」と、羽生選手に気付いてもらうための作戦を練ったことを告白した。

「何万人いたかはわからないけど、見込みが12万人! さぁ、窓がほとんど反射で中が見えない。。。頼りはこのアナログな張り紙。。。羽生結弦選手、近づいて来る。。。八木沼さんとわたしは窓の近くで大きく踊る 全方向に手を振る羽生選手! さぁ、見てくれるのか。。。こちらは必死 正直汗だく」と、その時の様子を振り返り、「そして、奇跡の瞬間が! 全方向に大きく手を振っていた羽生選手はわたしたちの張り紙を見つけてそのまま読んでくれて(これはVTRで口の動きを確認した)そしてわたしたちに向かってお辞儀をしてくれた~~~~!!!」と実況風につづった。
《アメーバニュース》

特集

page top