長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」が低視聴率でも問題なし | NewsCafe

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」が低視聴率でも問題なし

長澤まさみ主演の“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』の初回放送が4月9日にあり、平均視聴率は9.4%だった。ふた桁に届かなかったことで早くもあちらこちらで「長澤でもダメなのか」という声が出ている。 「いま、フジテレビの“月9”は10%割れが常識になっています。…

芸能 まいじつ/entertainment
長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」が低視聴率でも問題なし

長澤まさみ主演の“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』の初回放送が4月9日にあり、平均視聴率は9.4%だった。ふた桁に届かなかったことで早くもあちらこちらで「長澤でもダメなのか」という声が出ている。


「いま、フジテレビの“月9”は10%割れが常識になっています。そのため、満を持して人気者の長澤を起用したのですが、長澤は当初、泥をかぶりたくないため出演を固辞していました」(テレビ雑誌編集者)


番組は長澤の演じる“信用詐欺師”が金融業界、不動産業界など、さまざまな業界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取るエンターテインメントコメディーだ。


「長澤はコンフィデンスマンJPの前に放映されていた『海月姫』の主演の芳根京子より、はるかにネームバリューがあります。芳根の海月姫は全話平均視聴率6.1%の大惨敗で、“月9”のワーストを記録してしまいました。長澤が芳根を下回るとは思えないが、初回の視聴率を見る限りは苦戦は必至と言わざるを得ません」(同・編集者)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top