【MLB】大谷マルチもエ軍は“得失点差-31”の4連敗 トラウトは前を向く「まだまだ」 | NewsCafe

【MLB】大谷マルチもエ軍は“得失点差-31”の4連敗 トラウトは前を向く「まだまだ」

スポーツ フルカウント

エンゼルスのマイク・トラウト【Getty Images】
■痛恨4連敗で首位陥落も…トラウトは一矢報いる7号「野球のシーズンは長い」

 エンゼルスの大谷翔平は20日(日本時間21日)の本拠地ジャイアンツ戦で4打数2安打と今季4度目のマルチ安打をマークした。2試合連続で「6番・DH」でスタメン出場し、気を吐いたが、エンゼルスは1-8で大敗。痛恨の4連敗で首位陥落となった。それでも、リーグ単独トップの7号ソロで一矢報いた主砲のマイク・トラウト外野手は「まだまだこれからだ」と前向きに話した。

 エンゼルスは先発ヒーニーがハンドリーにソロ弾を浴びて先制点を献上。その裏、大谷が2死走者なしで右腕サマージャのナックルカーブをセンター前に弾き返し、チーム初ヒットをマークしたが、続くシモンズが凡退した。

 打線が1点を返せずにいると、4回まで本塁打による1安打のみに抑えていたヒーニーが突然崩れてしまう。先頭ハンドリーに四球の後、ウィリアムソンに2ランを被弾。さらに3連打を浴びて1点を失い、パニクを左飛に仕留めた後、マッカチェンに3ランを浴びてKOされた。マイク・ソーシア監督は試合後、「制球力を少し失っていた。不利なカウントになることがあった。彼らは見逃さない。ファストボールを見逃さなかった」と振り返った。
《Full-count》

特集

page top